OSX Yosemiteのレビュー

posted in: ネットニュース | 0

記事制作者 雨倉一弘

 

結論から先に言うと、かなり改善しています。

全体的に、iosとの連携を主眼に入れつつ、省エネ&高速化に向けて最適化したOSという印象です。

10731130_589691831153147_2915683169419886913_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な改善点としては

  1. safariの最適化
  2. iphoneとの連携強化
  3. メールアプリの最適化
  4. iCloud Driveの追加

 

などが挙げられます。

 

1 Safariの最適化

以前よりも高速化&省エネ化した事に加えて
Apple IDを利用しているiOSデバイスを含めたSafariのタブを一覧して見られるようにもなり、iOSで見ていたサイトをMacで見るという作業がよりスムーズに行なえるようになりました。

 

2・3 iPhoneとの連携強化とメールアプリの最適化

iphoneとの連携の強化ですが、前述したSafariとの連携に加え、iOSデバイスで受けたiMessage及びSMSをMacでも確認できるようになりました。さらに、Macから電話をかける・受けることも可能です。

さらに、メールアプリの最適化により、Mail Dropで大容量のファイルを添付可能になりました。

 

4 iCloud Driveの追加

そして、iCloud Driveが追加され、Numbers、KeynoteなどのiWorkのファイルに、iCloudを通じて全てのiOSデバイス、さらにはWindowsからもアクセス可能になりました。

また、発表から1週間程度経過したので、メインで使っているアプリもほぼyosemite向けに更新されました。

 

注意点!

Vmfusionによる仮想化をされている方の場合、 OSの更新前にVmfusion6.0.5に先に更新するか、Vmfusion7.0を新規購入しないとアプリが起動しないので、ご利用中の方はご注意ください。

 

スマホ、パソコン関連でご相談のある方は雨倉のツイッターまで
https://twitter.com/snowdroptree

雨倉講師

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+