zenfone2 格安SIM比較

posted in: ネットニュース, ブログ | 0

ASUSより発売された、androidスマホ、zenfone2についてレビューを執筆したいと思います。


まず、今回購入したモデルは、メモリ4GB、ストレージは32GBモデルです。
本体価格は¥49,460でした。一見すると高価に見えますが、スペックに対してかなり安価です。

また、本体のほか付属品として、充電用USBアダプター、USBケーブル、イヤホン、取扱説明書、ユーザーガイドなどが同梱されています。また、本体の裏蓋を開けると、Microsimスロットが2個(※2Gスロットのほうは日本だとサービスが終了)と、microSDスロットがあります。

●一日使ってみての感想

画面は綺麗で、非常にサクサク動きます。
また、上位モデル(メモリ4GBモデル)は急速充電に対応しており、公式で0%から約60%までを39分間で充電可能です。実際に試してみましたが、41分22秒で60%まで充電できました。結果的にはほぼ公称値通りでした。

zenfone2箱

●simフリースマホについて

ここからが本題なのですが、zenfone2はsimフリーのandroidスマートフォンです。

なので、Docomo、au、SoftBankの3社キャリアはもちろん、それ以外のmvnoの契約したsimカードを挿しての利用が可能です。なので、自身の使い方に合わせた契約が可能で、月額維持費が1,000円を切る運用も可能です。
今回は同時に、各社のsimを挿して実験を行ってみました。

●Docomo及び傘下のmvnoについて

問題なくデータ通信、音声通話が可能でした。また、設定が自動で、最も簡単でした。また、mvnoのサービスを提供している会社も多く、選択肢も広いです。個人的にはiijmioがおすすめです。

●SoftBank及びymobileについて

こちらも、データ通信、音声通話が可能でした。ただし、APN(通信、通話をするための設定)を手動で構築する必要があるので、ある程度の知識が必要です。ただ、傘下のmvnoサービスを提供している会社がymonile以外にない為、これからに期待、といった印象です。

●Au及び傘下のmvnoについて

手動でAPNを構築すればデータ通信は可能でした。しかしsimに付属した音声通話は利用不可能でした。これは、ZenFone 2はauの音声通話で使用されている通信方式に対応していない為です。なので、この点は注意が必要です。ただし、050番号での通話、lineの通話は可能なので、そちらをご利用される方の場合はOKです。

 

・まとめ

個人的には、Docomo系傘下のmvnoが最も相性が良いという印象です。
sim番号での音声通話、通信が共に可能で、iijmioのsimカード本体が無料プレゼントのキャンペーンをやっています。
また、上級者向けではありますが、2台持ちorデータ通信のみ方や、050番号をご利用される方はau傘下のmvnoのmineoもアリな選択肢です。
これらは、自身の使い方や、対応エリアと相談して決めるのがベストです。
長文になってしまいましたが、さらに詳しい内容、新たに判明した事関しましては、随時掲載したいと思います!

 

具体的な回線速度についてはこちら

zenfone2 私の契約と回線速度

 

スマホ、パソコン関連でご相談のある方は雨倉のツイッターまで
https://twitter.com/snowdroptree

雨倉講師

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+