Windows10のアップグレードは待ちましょう!

来月末にリリースされるWindows10はWindows7とWindows8に限り発売後1年間無料でアップグレードができます。
しかし、無料だからといってアップデートできるからと言ってすぐにアップデートしてしまうのは危険です。

 

IMG_2254

 

 目次

1、アップグレードってなに?

2、Windows10における問題点

3、アップグレードは様子を見ましょう

 

1、アップグレードってなに?

アップグレードとはOSでいうとWindows7からWindows8への移行など古いOSから新しいOSへ変えることをアップグレードといいます。

アップグレードをすると、新しい機能が使えたりセキュリティが良くなったりといいことが多いですが、公開されたばかりのアップグレードを行うと不具合が発生することも多くあります。

 

2、Windows10における問題点

今回のWindows10ではWindows7とWindows8は無料でアップグレードできますが、アップグレードをするとWindows10の新機能を使うことができますが、その一方で使えなくなる機能もあります。

使えなくなる機能については

GIZMODO「移行できる?Windows10で消える7機能判明(http://www.gizmodo.jp/2015/06/_windows_107.html)」で詳しく書かれています。

今回のアップデートでは特に今まで搭載されていたWindows Media Centerが削除される、Windows Media PlayerでできたDVD再生ができなくなる、Windows Updateの調整ができなくなったりと消えてしまう機能も多くあります。

また、アップグレードをするとサードパーティー製のソフト(マイクロソフト社以外の会社が作るソフト)が使えなくなったり一部機能がおかしくなるなどの不具合が生じる可能性があります。

 

3、アップグレードは様子を見ましょう!

今回のWindows10のアップグレードでは1年間は無料でアップグレードができるので急いでアップグレードはせずに様子を見ましょう。このWindows10が公開されてから1年間の間でフィードバックを経て機能が変わったり、使いやすくなると思われます。

自分が使っているパソコンがアップグレードしても大丈夫だなと思えたときにアップグレードしましょう。

 

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+