CODEPREPを10個ほど終えた感想

最近はプログラミングの勉強のためProgeteの他にCODEPREPもやっています。

https://codeprep.jp/

現在、入門クラスと応用クラス合わせて10以上終えたのでCODEPREPの感想を書きます。Progateと比較しながら書こうと思います。

Progateの感想はこちら(Progateは初心者オススメのプログラミング学習サイト

個人的にはProgateで作成手順を学んでCOFRPREPで復習しながら使い方を学ぶというのが良い気がします。同時並行でも良いと思います。

どちらも優れたプログラミング学習サイトです。

 

目次

1、穴埋め式の学習

2、短いけど種類が豊富

3、まとめ

 

1、穴埋め形式の学習

CODEPREPは穴埋め形式でプログラミングを学習します。

左に問題とヒントがあり、右上にプログラミングを打ち込む部分と右下に入力の結果が表示される領域があります。

スクリーンショット 2015-07-05 1.58.40

CODEPREPはオレンジの部分に入力するとProgateと同じく下の部分が入力されたコードに準じて変更されていきます。Progateとの違いはProgateは正解の画面が表示されていたのに対してCODEPREPではないことでしょう。

穴埋め形式なのでProgateと比較すると簡単です。ヒントを見ると必ず答えになるコードが書いてあるので文字数に合わせて適当に入力するだけでもどんどん解けてしまうと思います。初めの頃はそれでも良いと思います。とにかく書いて覚えることも大事です。

 

2、短いけど種類が豊富

それぞれの項目の内容は短いですが、種類が豊富でピンポイントで学びたい人には良いと思います。

逆に、Progateのようにサイトを0から全部作り上げるタイプではないのでサイトを0から作り上げたいという方や0から作り上げるときに必要な要素を学びたいという方には不向きだと思います。

スクリーンショット 2015-07-05 2.07.23

 

このようにたくさんの種類があります。短いものは10分程度で終わってしまいます。

 

3、まとめ

CODEPREPは基礎を学び、その上でプログラミングのちょっとした技術を学ぶのには最適な学習サイトだと思います。

特に、多くの単元が用意されているので目的にあったプログラミングが学びやすく、どういった言語でどういったことができるのかということも学ぶことができます。

その一方で、Progateのようなサイトを0から作り上げることはないので0からの作り方を学びたいという方にはProgateがオススメです!

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+