Windows10、更新を待つ10の理由!

本日、windows 10が公開されました。新しいOSで、一年間無料でアップグレード可能です。

とりあえず、正規版でのテスト結果がある程度まとまったので、記述します。

S__14925835

 

結果だけ先に述べると、「最低でも半年は待ちましょう」というもになります。

Windows10は無料でアップグレートが可能で、アップグレート自体はスムーズに行えます。

 

新しい機能としては以下の点が挙げられます。

①新しい操作性、スタートメニュー、ブラウザ

②音声アシスタントのCorna

③標準アプリ、アクションセンターの追加

④タブレットモードへの切り替え

 

 

以下、更新における主な注意、不具合10点です

 

①一般ユーザは8月から更新可能。予約したユーザのみ対象

なので今月中はまだWindows10に更新することはできません。

 

②来年の7月29日まで、更新は無料で可能なので、焦る必要がない

来年までに様々なアップデートをされることや様々なソフトが対応していくのですぐに更新する必要はありません。

 

③グラフィックボードを搭載したPCの更新はまだ厳禁(特にnvidia系)

 

④Macの仮想上にwindowsを入れている人の更新はまだ厳禁(vmfusionなど)

まだ対応していません。

 

⑤PCゲームをしている人は絶対に厳禁。

まだ対応しているゲームがほとんどないのが現状です。確認したところ、PSO2は起動しません。

 

⑥仕事用PCの更新は厳禁

アプリが非対応の可能性あります。仕事で使うアプリが全て対応したと発表されるまで待ちましょう。

 

⑦DVD再生、動画再生はほかのアプリが必須。

これは仕様で今後もそのままになるようです。MPC-HCなど他のアプリケーションを使う必要が出てきます。

 

⑧Windows 8.1であれば、ドライバ関係での問題が起きづらい※機種による

 

⑨Windows 7だと、ドライバの不具合が起きる可能性が高い※機種による

 

⑩メーカー製PCの場合、対応を発表しているもの以外は厳禁

不具合が生じる可能性が高いです。

 

このように対応していないものが多いので現時点において、アップデートする理由はありません。

今後の対応を見ながら、来年まで様子を見ましょう!
スマホ、パソコン関連でご相談のある方は雨倉のツイッターまで
https://twitter.com/snowdroptree

雨倉講師

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+