ジュラシックワールド 不完全燃焼な映画

posted in: ブログ, 映画, 雑記 | 0

ジュラシックワールド観てきました!

ジュラシック・パークシリーズ4作目で、全世界オープニング走行高収入歴代新記録樹立など華々しい話があり、期待度高く観に行ったのですが・・・

 

イマイチというのが正直な感想でした。

 

恐竜の捕食シーンから恐竜同士の戦いなど、期待していた映像はたくさんあったのですが、何か物足りない感じのする映画でした。

原因を考えるとストーリーがイマイチだったと思います。ストーリーがあまり良くなく、場当たり的に見えてしまったので迫力あるシーンがきてもどこか乗り切れないところがあり不完全燃焼に感じました。

期待度が高かった分残念です。

ただ、CMで流れているアロサウルスの捕食シーンは劇場で観るとより迫力があり良かったです。ジュラシックワールドで一番の見所です!

 

個人的には今年の夏映画はバケモノの子が面白かったし、感動できました。

ということで、今年の夏はジュラシックワールドを観るよりは、バケモノの子を観ることをお勧めします。

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+