Bootstrap使ってみた感想

posted in: ブログ, プログラミング | 0

にせセキュリティのDL・購入画面をBootstrapで作りましたが、中々勉強になったのでBootsrapの利点を紹介します。

スクリーンショット 2015-08-09 14.11.36

目次

1、レスポンシブ対応を考えなく良い

2、クラスを割り振るだけで簡単

3、資料が豊富

 

1、レスポンシブ対応を考えなくて良い

現在は、スマホファーストと呼ばれるほどスマートフォンからのアクセスが多くなっています。気になる情報があったらまずはスマートフォンで検索するというのが主流です。

そのため、ウェブサイトはスマートフォンに対応することが必須課題となっています。スマートフォンで見やすいサイトとは横幅がぴったしで縦長のサイト構造が基本になります。しかし、そのようなサイト構造はパソコンだと逆見づらいという欠点もあります。

そのため、画面サイズなどから自動的にレイアウト(CSS)を変更するのがレスポンシブ対応になります。

レスポンシブ対応は様々なパソコン、タブレット、スマートフォンなどに合わせてレイアウトを変えるため手間がかかるというのが問題のひとつです。

しかし、Bootstrapはテンプレートが豊富なのでそれを使えば簡単にレスポンシブ対応のサイトを作ることができます。

 

2、クラスを割り振るだけで簡単

BootstrapはCSSのクラスを割り振るだけで、簡単にボタンやレイアウトを変更できます。

そのため気軽にレイアウトの変更ができます。

一方で、ボタンやレイアウトにBootstrapっぽさが出てしまうというマイナス面もありますが基本的な部分はBootstrapで行い細かいところを自分でCSSを書き加えることもできるのでデザインを凝りたい人にも使えると思います。

 

3、資料が豊富

WordPressと同じく、Bootstrapも多くの人が使っているのでネット上に様々な情報が掲載されています。

それらを使うことで効率的に作業ができると思います。

 

 

今後は、フレームワークを使ってにせサギのコンテンツを作ることが主流になりそうです。

また、随時使っている技術については解説していきます。専門家ではないのでところどころ間違いなどあるかもしれませんがよろしくお願いします。

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+