Office2016の種類と適切な買い方

posted in: Windows, ブログ | 0

Office 2016について

先日、新しいofficeが発売されました。
デザインが変わり、機能が追加され、グループ作業により適したアプリになりました。
また、パッケージ版(CD版)が完全に廃止され、POSAカード版とDL版となりました。
これにより、インターネット環境が必須となり、Office 2016の買い切り版以外は、Microsoftアカウントが必須となりました。
さらに、契約形態は3種類あります。※法人向けとmobile版は除外します

・契約で全ての機能と最新Officeが使える=Office 365 Solo
・買い切りで永続使用可能で、アップグレード不可=Office 2016
・パソコンへのバンドル版(付属版)の=Office Premium
といったラインナップです。

12088175_755975611191434_4971973473770852044_n12112230_755975627858099_9009874639586656720_n

 

要約すると「契約版」「買い切り版」「付属版」です。
それぞれを説明すると

 

Office 365 Solo「契約版」

・全ての機能を使用可能。
・月額又は年間契約で、同じ所有者が2台までインストール可能
・最新版にアップグレード可能。
・ただし契約が切れると、更新しない場合使用不可能となる
・OneDriveが1TB使用可能など、独自サービスがある

Office 2016「買い切り版」

・従来とほぼ同じ仕様
・Professionalならば、ほぼすべての機能が使用可能。
・同じ所有者が2台までインストール可能
・買い切りで永続使用可能。
・最新版へのアップグレードは不可

Office Premium「付属版」

・1年間のOffice 365サービスが付属。
・同じ所有者が2台までインストール可能
・サービスの延長(有料)を行うことでアップグレードは可能
・サービスを延長しない場合はOffice本体のアップグレードは不可
付属版だと、Office Premiumがお得ですが、従来通りpersonal、home&business、professionalの3種類があるので、PC購入時に注意が必要です。

 

既に旧来のOfficeをお持ちの方で、Office 2007以上の方は、仕事上必要でない限りは無理に買い替える必要はないと思います。

 

また、基本的な機能だけが必要ならば、買い切り版の中から値段と使う機能を検討して購入した方が良いと思われます。
理由としては、Office 365 Soloの機能を使いこなせる人が限られてくるという理由と、それ以上コストがかからない、という理由です。
常に最新版を試したい、という方や、独自サービスを使いたいという方はOffice 365 Soloも良いと思います。

スマホ、パソコン関連でご相談のある方は雨倉のツイッターまで
https://twitter.com/snowdroptree

雨倉講師

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+