MNP一括がない!?

posted in: ネットニュース, ブログ | 0

この時期はMNPの一括0円が少なくなります!

Android端末であれば、この時期もそれなりにあるので、そこまで悩まなくてもいいのだけれど・・・iphoneの一括0円が少なくなります。

キャリア側の理由としては、3月までは決算時なので多少損をしても在庫を売りつくしたい。逆に、4月からは新期になるので、なるべく高い売り上げを稼いでおきたいという裏話がある。

一応、6月~8月で新型iphoneの噂が出始める関係で、旧機種の在庫がある場合はまた出始めるのだけれど、そうすると割引額がガクンと下がる。毎年は9月発表だけど、今年に限っては8月半ばごろに発表かも。

割引の例としては、今まで毎月割が2800円だったのに、6月以降に契約した人は1600円くらいになってしまう。つまり、同じ機種で一年後くらいに契約したのに、月額が1200円高いというよくわからないことが起こる。

 

簡単に言うと、

 3月までに契約した人→月額2980円

4月以降に契約した人→月額4200円

※維持費。電話代は別

 

どうしてこうなったにならないよう注意しましょう。

同じ機種なのに、なぜか時間がたつと高くなる。逆に、継続で契約する場合は、月額が変わらんので、本体代が安くなる分、月賦のトータルは25000円前後安くなる。

実は、本体価格が高い機種ほど、一括0円の時の割引額が多いので、高い機種を一括0円にするのが実は一番得だったりする。(一年くらいで変える場合、売るときも高い)

 

そうなると、ねらい目はその機種が出てから約5か月~半年後ということになる。最もいい一括0円プランが、その時にある。

iphoneの場合、9月に発表なので、来年の2月や3月であれば、だいたいどこでもmnp一括0円をやっている。スマホの中で、安いループを作り出しやすい機種で、itunesで設定もそのまま引き継げる唯一の機種。Androidの場合、バージョン違うと引き継げないので、ここが一般ユーザーの難点になる。

 

このループを作り出しておくと、安いまま使うループが作れる。また、万が一ループを外しても、一括0円ならば、違約金の9975円払えば、半年後ならばいつでも変えられるので、あまり痛くはない。1万円なら、普通に契約して払っている平均額と変わらないからだ。

 

あとは、使わなくなったスマホは売ってしまうのが一番良かったりする。iphoneの場合、中古で16GBモデルの場合、4Sで15000円、5で30000円、5sで42000円で売れる。状態にもよるけど、箱とか一式そろっていればだいたいこんな感じ。

 

Androidの場合、galaxys3で12000円くらい。S4で23000円くらい。他は場所による。Nexusは値崩れしづらいのか、28000円くらい。ちなみに、秋葉原で売ると、全ての機種が+5000円くらい。売るならば秋葉原が良いです。

もし、スマホを変えたい、安くしたいという希望があれば、いつでももこなのツイッターまで!

https://twitter.com/snowdroptree

02519ac65848b89cb40c6aa2e611a9b5

 

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+