HDDの健康診断

posted in: ネットニュース, ブログ | 0

HDD(ハードディスク)の健康状態を図ることができるアプリを紹介したいと思います。

HDDはパソコンのデータを保管する場所です。WordやExcelなどのデータはここに保管されます。最近は大容量化もされており、1テラ(1000ギガバイト)を超えるものもあります。

そのHDDにも寿命があります。おおよそ3~4年程度と言われています。

 

使っているHDDがどの程度正常に動いているか教えてくれるアプリがあります。

「CrystalDiskInfo」です

 

「CrystalDiskInfo」は、HDDやSSDに内蔵されている自己診断機能「S.M.A.R.T.」を用いてHDDやSSDの健康度をチェックしてくれるフリーソフトです。

「S.M.A.R.T.」とは、HDDやSSDに内蔵されている自己診断機能のことです。

もちろん、この“S.M.A.R.T.”情報だけから完璧にHDDの寿命が分かるわけではありませんが、パソコンのHDDの健康状態を見るには、とてもわかりやすいアプリです。

インストールする際は、写真のように、アイコン以外のチェックを外すと、余計なアプリをインストールせずに済むので、推奨です。

10338801_506316379490693_9191234836211854203_n

 

実際に使うと写真のような画面が出てきます。

基本的に、健康状態のところが「正常」や特に表記されていない場合問題ありませんが、健康状態のところに「注意」が出ているようだと、HDDの寿命、もしくは不具合が出ている可能性があります。

10372058_506316639490667_1411328286864670830_n

そうなると、HDDが壊れて読み取らなくなる前に、外付けにバックアップをとっておくことを推奨します。

また、ノートパソコンなどの場合、基本的にHDDは交換できません。

購入して間もない場合や、保証が残っていて、挙動がおかしい場合、メーカー様に相談してみるのも手です。ただ、原因がHDDの場合、データが初期化されて工場出荷時に戻ってしまうこともあるので、いずれにしてもバックアップはとっておくことを推奨します。

保障が切れている場合、買い替え時であることが多いです。

ただ、健康状態によっては、SSDに換装し、データをそのまま移行することで、劇的に高速化することも可能です。パソコンの状態がいい場合や、キーボードや液晶画面がまだまだ現役の場合は、この方法はかなり安く済むのでおすすめです。

 

今回、ご紹介させていただいた、crystaldiscinfoを公開して下さっているサイト様はこちらです。

http://crystalmark.info/download/

 

スマホ、パソコン関連でご相談のある方はもこなのツイッターまでお気軽に!
https://twitter.com/snowdroptree

02519ac65848b89cb40c6aa2e611a9b5

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+