おすすめ一体型パソコンについて

posted in: ブログ | 0

おすすめの一体型パソコンについてです。

今、家電量販店に多くあるデスクトップパソコンは、ほとんどが一体型パソコンです。

一体型パソコンのメリットは「生活事情に適していて、デザインも良いものが多い」という点です。

基本的に、TVチューナーの機能がついているモデルが多く、officeなどもプリインストールされており、コードも少なく、一般家電としてはいい感じです。

ただ、パソコンとして見ると「持ち運べないノートパソコン」です。それはどういうことなのか、という話なのですが...

実は、一体型パソコンの中身は、ノートパソコンと変わりません。よって、スペックも、一般的なノートパソコンと同じくらいで、値段は2倍くらい違います。タワー型デスクトップパソコンの場合、性能的には同じパソコンが、半分くらいの値段で買えます。

また、故障した場合、ほぼ確実にメーカー行きになります。

タワー型のわかれたデスクトップパソコンの場合、モニターが壊れても、モニターだけ交換すれば済みますが、一体型やノートパソコンだと、そうはいきません。
また、寿命もノートパソコンよりは長いですが、タワー型デスクトップパソコンより確実に短いことが多いです。

なので、「パソコンとして」使いたい場合は、おすすめできません。逆に、「家電」として、インテリアとして使いたい場合は、おすすめです。

さて、ここからはおすすめ一体型PCを、具体的に執筆したいと思います。

「とにかく、基本的に困らないのがいい!」という方は、VALUESTAR N VN770/RS PC-VN770RSがおすすめです。こちらのモデルは、3色の中から選択可能で、TVチューナーやoffice、ブルーレイドライブなども入っており、HDDも3TBと多めです。一体型に必要なものがすべてそろっており、価格は153,396円です。

VALUESTAR N VN770/RS PC-VN770RSの詳細については、こちらから
http://kakaku.com/item/J0000011522/spec/?lid=spec_anchorlink_details#tab

また、一体型で安いのはないのか?という話になるのですが、その場合、ノートパソコンのほうがおすすめです。理由としては、価格です。一体型で10万円以下のスペックの場合、前回執筆した5万代のノートパソコンでもスペックは互角以上であることが多いです。

また、10万円代のタワー型デスクトップパソコンと比較した場合、スペックとコストパフォーマンス的には勝負になりません。仕事としてパソコンを使いたい方の場合、タワー型デスクトップパソコンかultrabookのほうがいいです。

「ノートだと画面が小さいと困る!」という方もいらっしゃると思いますが、その場合モニターにノートパソコンをつなげば、大きい画面で見ることができます。こちらの場合、2万円程度の投資で可能です。さらに、どちらかが壊れても、どちらかを修理に出せばよくなります。

一体型パソコンの場合、あとは「デザイン」と価格で決めても良いと思います。見栄えも大事です。ただ、一般的に「困らない」スペックにしようとすると、保証などを含めて予算は16万円くらい必要になる場合が多いです。

スマホ、パソコン関連でご相談のある方はもこなのツイッターまでお気軽に!
https://twitter.com/snowdroptree

02519ac65848b89cb40c6aa2e611a9b5

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+