国際福祉機器展行ってきました!

posted in: ブログ, 福祉 | 0

日本最大の福祉機器展「国際福祉機器展」

初めての参加で個人的には発達障害や自閉症に関するTEACHを取り入れた課題や教材についてやITを活用した支援などについて見れたら良いなと思っていたのですが・・・

考えてみれば当たり前ですが、高齢者福祉を対象としたものが多かったです。恐らく全体の半分以上は高齢者を対象としたものでした。
車いす、ベッド、福祉車両やリフォームetc
自分が初めに見たいなと想定していたブースは数ブースでした泣
でも、高齢者向けのブースも面白かったです。

写真撮影禁止なので画像はないのですが、椅子に座ったまま入れるお風呂や介助がしやすいよう起き上がるベッドなど様々なものがありました。

個人的な考えとしては写真OKにしてインターネットを通じて国際福祉機器展の様子などを広められるようにすれば良いのにと考えますが・・・

 

下は国際福祉機器展を回っている間に頂いたパンフレットなど

IMG_2096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂いたパンフレットや情報誌を広げるとすごい量に・・・これで半分くらいです。

青いバックは福祉保健財団が配っていたのですが、配ってくれていてとても助かりました汗

パンフレット以外にもいろいろな情報誌(デイサービス、認知症など)の見本誌も配っていたのでそういったものをもらうだけでも価値があると思います。

 

数人組で段ボール数箱分の大量のパンフレット、カタログ、情報誌を持っている方もいました。おそらく、福祉施設や企業の代表として参加して集めたパンフレットなどを持ち帰って検討するのだと思います。

 

今回は知的障害者の支援とITがどうかかわっていくかみたいなと思ったのですが、それについてはなかったです。

ただ、認知症を対象とした見通しのつけやすいスケジュール表をアプリで開発している会社がありました!

話を聞くと、知的障害や発達障害でも活用される流れになるとのことで今後に期待したいです。

 

期待したいと言いつつまだまだ時間がかかりそうなことも事実・・・誰か知的障害者用のスケジュール表アプリ作ってくれませんか?

競合がいないのでブルーオーシャンですよ!!!

 

Please Share!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+